本部・事務局から

第139回大会・大会2日目・フルペーパー(午後の部 12:50~14:50)

 

2019年10月4日

テーマ別分科会 ④   【Y503】 

韓国における社会政策パラダイムの転換:日本への示唆  
〔日本・東アジア社会政策部会、 国際交流委員会〕
 

座長: 金 成垣(東京大学)
コーディネーター: 李 宣英(県立広島大学)
予定討論者: 阿部誠(大分大学)
        稗田健志(大阪市立大学)

1.韓国の市民運動と福祉国家への迂回
  金 榮順(ソウル科学技術大学) (韓国語による報告:通訳あり)

2.革新的包容国家:理論と実際
  崔 榮駿(延世大学) (英語による報告)

 

テーマ別分科会 ⑤  【Y504】

EUにおけるシティズンシップの進化と変容
―シティズンシップの軽量化、移民・難民の統合、エージェンシー概念の意味変容という流れのなかで―
〔社会的排除・包摂部会〕

コーディネーター: 福原宏幸(大阪市立大学)

1.EUシティズンシップの変容と「生きられたシティズンシップ」
  亀山俊朗(中京大学)

2.多層化するEUのシティズンシップ:移民・難民の地位保障
  中村健吾(大阪市立大学)  <報告ファイル>

3.変容する人々のエージェンシーとシティズンシップ:英国の福祉制度改革の分析から
  平野寛弥(目白大学)

 

テーマ別分科会 ⑥  【Y505】

裁量労働制の問題点に関する多角的考察  〔一般〕                                

コーディネーター: 松永伸太朗(長野大学)

1.裁量労働制の運用過程 ―裁量・職種における「グレーゾーン」の実態
  今野晴貴(NPO法人POSSE)  <報告ファイル>

2.デザイナーの労働過程と裁量労働制
  三家本里実(立教大学)  <報告ファイル>

3.現代日本における裁量なき裁量労働制の現象過程
  宮地弘子(職業能力開発総合大学校)  <報告ファイル>

 

自由論題【D】 インクルージョン  【Y506】

座長:阿部 彩(首都大学東京)

1.生活困難の把握による支援ニーズの可視化の試み
  泉田信行(国立社会保障・人口問題研究所)
  白瀬由美香(一橋大学)  <報告ファイル>

2.社会権・社会的シティズンシップ・社会共同体
  高橋 聡(岩手県立大学)  <報告ファイル>

3.地域社会における子ども食堂の受容
  浜野佑貴(一橋大学・院生)  <報告ファイル1> <報告ファイル2>

 

自由論題【E】 企業組織  【Y406】

座長:浅野和也(愛知東邦大学)

1.米国流戦略的人的資源管理論の批判的検証
  竹田次郎(同志社大学・院生)  <報告ファイル1> <報告ファイル2>

2.セクシュアルハラスメントにおける加害者―被害者の権力関係に関する考察    
  林 美子(お茶の水女子大学・院生)  <報告ファイル>

 

自由論題【F】 社会保障の枠組み  【Y405】

座長:佐々木貴雄(東京福祉大学)

1.外国人に対する社会保障はどうあるべきか -ドイツにおける基本的考え方―
  松本勝明(熊本学園大学)  <報告ファイル>

2.ハウジングと高齢期の生活保障
  遠藤希和子(立正大学)

3.健康保険の被扶養者の法的位置付けに関する一考察
  黒田有志弥(国立社会保障・人口問題研究所) <報告ファイル>