学会賞

重要なお知らせ

◆次回:第136回(2018年度春季)大会
 会場:埼玉大学
 5/26(土): テーマ別分科会・自由論題等
 5/27(日): 共通論題
第136回大会のフルペーパーの電子配布はこちらから(2018.05.16)
第136回大会プログラム(2018.4.19)
博士論文報告会の開催及び報告募集のお知らせ(2017.12.26)
大会自由論題報告、テーマ別分科会の募集について(2017.12.14)

◆次々回:第137回(2018年度秋季)大会
 会場:北海学園大学
 9/15(土): テーマ別分科会・自由論題等 
 9/16(日): 共通論題
大会自由論題報告、テーマ別分科会の募集について(2018.2.28)
大会開催予告(2018.2.28)
大会実行委員会からのお知らせ(ご予約はお早めに)(2018.02.15)

学会賞

表彰の目的

 社会政策学会は、会員の社会政策に関する研究の発展に資するため、「社会政策学会学術賞」および「社会政策学会奨励賞」を設け、優れた研究業績を発表した会員を表彰しています。

社会政策学会賞・受賞作品

第1回(1994年) 第2回(1995年) 第3回(1996年) 第4回(1997年) 第5回(1998年)
第6回(1999年) 第7回(2000年) 第8回(2001年) 第9回(2002年) 第10回(2003年)
第11回(2004年) 第12回(2005年) 第13回(2006年) 第14回(2007年) 第15回(2008年)
第16回(2009年) 第17回(2010年) 第18回(2011年) 第19回(2012年) 第20回(2013年)
第21回(2014年) 第22回(2015年) 第23回(2016年) 第24回(2017年)  

第24回(2017年)

学術賞 金 英 『主婦パートタイマーの処遇格差はなぜ再生産されるのか:スーパーマーケット産業のジェンダー分析』ミネルヴァ書房、2017年12月。
奨励賞 首藤 若菜 『グローバル化のなかの労使関係:自動車産業の国際的再編への戦略』ミネルヴァ書房、2017年2月。
奨励賞 米澤 旦 『社会的企業への新しい見方:社会政策のなかのサードセクター』ミネルヴァ書房、2017年5月。

選考の経過はこちらをクリック

学会賞選考委員会:大沢 真知子、岡本 英男(委員長)、木村 保茂、中島 醸、森川 美絵、吉田 健三、李 蓮花

▲戻る

第23回(2016年)

学術賞 該当なし  
奨励賞 柴田 悠  『子育て支援が日本を救う 政策効果の統計分析』勁草書房、 2016 年 6 月。

選考の経過はこちらをクリック
選考委員:岩永理恵、榎一江、大沢真知子、岡本英男、廣澤孝之(委員長)、枡田大和彦、森川美絵

▲戻る

第22回(2015年)

学術賞 該当なし  
奨励賞 早川佐知子 『アメリカの看護師と派遣労働――その歴史と特殊性』渓水社、2015年5月。
奨励賞 森川美絵 『介護はいかにして「労働」となったのか――制度としての承認と評価のメカニズム』ミネルヴァ書房、2015年1月。

選考の経過はこちらをクリック
選考委員:岩永理恵、榎一江、小野塚知二(委員長)、駒村康平、首藤若菜、廣澤孝之、枡田大知彦

▲戻る

第21回(2014年)

学術賞 該当なし  
奨励賞 中島 醸 『アメリカ国家像の再構成  ― ニューディール・リベラル派とロバート・ワーグナーの国家構想 』(勁草書房)
奨励賞 朴 姫淑 『地方自治体の福祉ガバナンス  ― 「日本一の福祉」を目指した秋田県鷹巣町の20年』(ミネルヴァ書房)

選考の経過はこちらをクリック
選考委員:横田伸子(委員長) 秋元美世 小野塚知二 駒村康平 清水耕一 首藤若菜 宮坂順子

▲戻る

第20回(2013年)

学術賞 伊藤セツ 『クラーラ・ツェトキーン―ジェンダー平等と反戦の生涯』御茶の水書房
奨励賞 該当なし  

選考の経過はこちらをクリック
選考委員:禹宗杬(委員長)  猪飼周平  清水耕一  宮坂順子  横田伸子

▲戻る

第19回(2012年)

学術賞 該当なし  
奨励賞 福澤直樹 『ドイツ社会保険史: 社会国家の形成と展開』名古屋大学出版会
奨励賞 横田伸子 『韓国の都市下層と労働者: 労働の非正規化を中心に 』ミネルヴァ書房
奨励賞 吉田健三 『アメリカの年金システム』日本経済評論社

選考の経過はこちらをクリック
選考委員:服部良子(委員長)  猪飼周平  禹宗杬  土田武史  平岡公一

▲戻る

第18回(2011年)

学術賞 該当なし  
奨励賞 岩永理恵 『生活保護は最低生活をどう構想したか-保護基準と実施要領の歴史分析』ミネルヴァ書房
奨励賞 李 蓮花 『東アジアにおける後発近代化と社会政策-韓国と台湾の医療保険政策』ミネルヴァ書房

選考の経過はこちらをクリック
選考委員:土田武史(委員長)、伍賀一道、服部良子、平岡公一、森建資

▲戻る

第17回(2010年)

学術賞 清水耕一 『労働時間の政治経済学』、名古屋大学出版会
奨励賞 猪飼周平 『病院の世紀の理論』、有斐閣
奨励賞 菊池いづみ 『家族介護への現金支払い』、公職研

選考の経過はこちらをクリック
選考委員:森 建資(委員長)、伍賀一道、三重野卓、室住眞麻子、佐藤忍

▲戻る

第16回(2009年)

学術賞 該当なし  
奨励賞 枡田大知彦 『ワイマール期ドイツ労働組合史』立教大学出版会
奨励賞 山田壮志郎 『ホームレス支援における就労と福祉』明石書店

選考の経過はこちらをクリック
選考委員:遠藤公嗣(委員長)、佐藤忍、竹内敬子、三重野卓、室住眞麻子

▲戻る

第15回(2008年)

学術賞 二村一夫 『労働は神聖なり、結合は勢力なり-高野房太郎とその時代-』岩波書店
奨励賞 榎 一江 『近代製糸業の雇用と経営』吉川弘文館
奨励賞 宮坂順子 『「日常的貧困」と社会的排除-多重債務者問題-』ミネルヴァ書房

選考の経過はこちらをクリック
選考委員:遠藤公嗣、菅沼隆(委員長)、竹内敬子、田中拓道、久本憲夫

▲戻る

第14回(2007年)

学術賞 河西宏祐 『電産の興亡(一九四六年~一九五六年)-電産型賃金と産業別組合-』早稲田大学出版部
奨励賞 上田眞士 『現代イギリス労使関係の変容と展開-個別管理の発展と労働組合-』ミネルヴァ書房

選考の経過はこちらをクリック
選考委員:玉井金五(委員長)、近藤克則、久本憲夫、森ます美、菅沼隆

▲戻る

第13回(2006年)

学術賞 該当作品なし  
奨励賞 田中拓道 『貧困と共和国-社会的連帯の誕生-』人文書院

選考の経過はこちらをクリック
選考委員:近藤克則、谷沢弘毅、玉井金五(委員長)、久本憲夫、森ます美。

▲戻る

第12回(2005年)

学術賞 該当作品なし  
奨励賞 菅沼 隆 『被占領期社会福祉分析』ミネルヴァ書房
奨励賞 近藤克則 『健康格差社会:何が心と健康を蝕むのか』医学書院
奨励賞 森ます美 『日本の性差別賃金:同一価値労働同一賃金原則の可能性』有斐閣

選考の経過はこちらをクリック
選考委員:埋橋孝文、上井喜彦、木本喜美子、高木郁朗(委員長)、谷沢弘毅。

▲戻る

第11回(2004年)

学術賞 谷沢弘毅 『近代日本の所得分布と家族経済』
(日本図書センター, 2005)
奨励賞 中村圭介、前浦穂高 『公共サービスの決定と自治体労使関係』 における中村執筆部分(同書第1章、第2章、第3章、第5章、第6章)
(明石書店,2004)
奨励賞 矢野 久 『ナチス・ドイツの外国人』
 (現代書館,2004)

選考の経過はこちらをクリック
選考委員:埋橋孝文、上井喜彦、木本喜美子、高木郁朗(委員長)、富田義典。

▲戻る

第10回(2003年)

学術賞 石田光男 『仕事の社会科学:労働研究のフロンティア』
(ミネルヴァ書房, 2003)
奨励賞 禹 宗杬 『「身分の取引」と日本の雇用慣行』
(日本経済評論社,2003)
奨励賞 首藤若菜 『統合される男女の職場』
(勁草書房, 2003)

選考の経過はこちらをクリック
選考委員:大森真紀、熊沢誠(委員長)、田中洋子、富田義典、宮本太郎。

▲戻る

第9回(2002年)

学術賞 該当作品なし  
奨励賞 小笠原浩一 『労働外交 : 戦後冷戦期における国際労働連携 』
(ミネルヴァ書房, 2002.4.)

選考の経過はこちらをクリック
選考委員:伊藤セツ、熊沢誠(委員長)、田中洋子、中川清、三富紀敬。

▲戻る

第8回(2001年)

学術賞 該当作品なし  
奨励賞 小野塚知二 『クラフト的規制の起源:19世紀イギリス機械産業』
(有斐閣,2001.2)
奨励賞 田中洋子 『ドイツ企業社会の形成と変容:クルップ社における労働・生活・統治』
(ミネルヴァ書房,2001.12)

選考の経過はこちらをクリック
選考委員:伊藤セツ、上田修、武川正吾、中川清(委員長)、三富紀敬。

▲戻る

第7回(2000年)

学術賞 中川 清 『日本都市の生活変動』
(勁草書房, 2000.5)
奨励賞 平井陽一 『三池争議-戦後労働運動の分水嶺』
(ミネルヴァ書房,2000.6)
奨励賞 三富紀敬 『イギリスの在宅介護者』
(ミネルヴァ書房,2000.1.)

選考の経過はこちらをクリック
選考委員:荒又重雄、石田光男(委員長)、松崎義、上田修、武川正吾。

▲戻る

第6回(1999年)

学術賞 上田 修 『経営合理化と労使関係 : 三菱長崎造船所,1960-65年』
(ミネルヴァ書房, 1999.5)
奨励賞 遠藤公嗣 『日本の人事査定』
(ミネルヴァ書房, 1999.5)
奨励賞 宮本太郎 『福祉国家という戦略 : スウェーデンモデルの政治経済学』
(法律文化社, 1999.12)

選考の経過はこちらをクリック
選考委員:荒又重雄(委員長)、石田光男、大塚忠、坂口正之、西成田豊。

▲戻る

第5回(1998年)

学術賞 該当作品なし  
奨励賞 二木立 『保健・医療・福祉複合体:全国調査と将来予測』
(医学書院, 1998.11.)
奨励賞 富田義典 『ME革新と日本の労働システム』
(批評社,1998.9.)

選考の経過はこちらをクリック
選考委員:大塚忠、坂口正之、戸塚秀夫(委員長)、西岡幸泰、西成田豊。

▲戻る

第4回(1997年)

学術賞 西成田豊 『在日韓国人の「世界」と「帝国」国家』
(東京大学出版会,1997.5)
奨励賞 石田光男 「工場の能率管理と作業組織」
(石田光男他三氏『日本のリーン生産方式』所収)(中央経済社,1997.5)
奨励賞 木村保茂 『現代日本の建設労働問題』
(学文社,1997.2)

選考の経過はこちらをクリック
選考委員:相沢与一、岩田正美、熊沢誠(委員長)、西岡幸泰、山本潔。

▲戻る

第3回(1996年)

学術賞 熊沢誠(KUMAZAWA, Makoto) Portraits of the Japanese Workplace:Labor Movements, Workers, and Managers, 
(Edited by Andrew Gordon, Translated by Andrew Gordon and Mikiso Hane, Wewstview Press,
奨励賞 庄谷怜子 『現代の貧困の諸相と公的扶助:要保護層と被保護層』
(啓文社,1996.6)
奨励賞 李捷生 「〈企業改革〉および〈経営主体〉」
(法政大学比較経済研究所編『中国の電子・鉄鋼産業:技術革新と企業改革』,法政大学出版局,

選考の経過はこちらをクリック
選考委員:相沢与一、岩田正美、下山房雄、二村一夫(委員長)、山本潔。

▲戻る

第2回(1995年)

学会賞 岩田正美 『戦後社会福祉の展開と大都市最底辺』
(ミネルヴァ書房,1995.6)
奨励賞 木本喜美子 『家族・ジェンダー・企業社会:ジェンダー・アプローチの模索』)
(ミネルヴァ書房,1995.11)
奨励賞 白木三秀  『日本企業の国際人的資源管理』
(日本労働研究機構,1995.8)

選考の経過はこちらをクリック
選考委員:加藤佑治、栗田健(委員長)、竹中恵美子、西村豁通。

▲戻る

第1回(1994年)

学会賞 山本 潔 『日本における職場の技術・労働史:1854~1990年』 (東京大学出版会,1994.2)
奨励賞 上井喜彦 『労働組合の職場規制:日本自動車産業の事例研究』 (東京大学出版会,1994.2)
奨励賞 佐藤 忍 『国際労働力移動研究序説:ガストアルバイター時代の動態』
(信山社出版,1994.9)

選考の経過はこちらをクリック
選考委員:加藤佑治、栗田健(委員長)、竹中恵美子、西村豁通。

▲戻る