本部・事務局から

役員選挙のお知らせ

 

2015年7月27日

 今年は学会役員選挙が行われます。2016年春季大会にて開催される総会から2年間、「総会から総会までの間、本会の重要事項を審議する」(会則第14条)幹事と会計監査を選出します。幹事会は、社会政策学会の次期役員の選挙を実施するために、2015年6月26日付で、次の6名に選挙管理委員を委嘱することにしました(「役員選挙に関する規程」第3条)。

 東北・北海道ブロック  山本麻由美
 関東・甲信越ブロック  佐々木貴雄、朱珉
 関西・東海北陸ブロック 小澤裕香、亀山俊朗
 九州・中国四国ブロック 久本貴志

  上記の選挙管理委員は、互選により亀山俊朗を選挙管理委員長に選出した後、選挙日程と選挙に関する手続きを、以下のように決定しました。

 

1.選挙公示日:2015年9月15日(火)

2.選挙の方法

① 有権者の資格は、前回と同様の基準による扱いとする。すなわち「2013年度までに入会されている会員については2012年度までの会費が納入されていること、2014年度以降に入会された会員については入会年度の会費が納入されていること」とする。
② 選挙管理委員会は、選挙公示後直ちに、投票用紙、有権者名簿、推薦文等を全会員に郵送する。
③ 投票は、有権者による投票用紙の郵送によって行い、投票の締切日を2015年10月15日(木)(必着)とする。
④ 郵送投票の宛先は、本学会の事務センターがある「(株)ワールドプランニング」とする。

3.開票日、開票場所:2015年10月30日(金)に西南学院大学にて開票する。

4.選挙結果の発表:2015年10月31日(土)に社会政策学会臨時総会にて行う。

5.役員の選出に関する推薦文:「役員選挙に関する規程」第7条により、役員選出のために会員を推薦することを希望する会員は、以下の要領で推薦文を全有権者に配布することができる。

① 賛同する会員5名以上が署名した推薦文1部を、2015年8月31日(月)(必着)までに下記宛へ郵送する。

  〒470-0393 愛知県豊田市貝津町床立101 
 中京大学現代社会学部 亀山俊朗

② 推薦文は、署名者の氏名を含めて600字以内とする。
③ あわせて、推薦文のテキスト・ファイルを8月31日(月)までに、t-kameya@sass.chukyo-u.ac.jp(亀山俊朗)宛E-mailで送る。
④ 選挙管理委員会は、推薦文を全会員に配布する。

6.「社会政策学会会則」第13条の規定によれば、幹事は連続3期を限度としている。今回の選挙で幹事の被選挙権を有しない会員は次の3名である。

  大沢真理、武川正吾、所道彦

  また、「社会政策学会会則」第18条の規定によれば、会計監査は連続3期を限度としている。今回の選挙で会計監査の被選挙権を有しない会員はいない。

 

<選挙にご協力を>

 会員にとって最も重要な学会活動の一つは、役員選挙です。これまでも投票率の低さが指摘されています(前回は、有権者数1,229名に対し、投票数は177件、投票率は14.4%でした)。学会活動をさらに活性化するためにも、何卒、ふさわしいと思われる方を積極的に役員に推薦し、また、ぜひ投票されますようにお願い申し上げます。

 

 選挙管理委員長 亀山俊朗