地方部会

重要なお知らせ

◆次回:第137回(2018年度秋季)大会

予定通り実施致します。

詳細はこちらをご確認ください。

会場:北海学園大学
 9/15(土): テーマ別分科会・自由論題等 
 9/16(日): 共通論題

第137回大会プログラム(2018.7.30)

大会実行委員会からのお知らせ(ご予約はお早めに)(2018.02.15)
 
◆次々回:第138回(2019年春季)大会
会場:高知県立大学
2019年5月18日(土)・19日(日)
 
 

地方部会

              各部会の連絡先はこちら

■東海部会

 

日時 2018年12月15日(土) 14:00~17:00

会場 名古屋経済大学名駅サテライトキャンパス 54教室(http://www.nagoya-ku.ac.jp/access/#meieki)

藤岡光夫氏(静岡大学名誉教授)「社会問題としての被爆者の長期的健康障害と社会的課題ー全数調査による統計分析ー」

玉井金五氏(愛知学院大学)大城亜水氏(神戸常盤大学)「日雇労働者と社会保険適用問題-大阪の調査から-」

水野勝康氏(社会保険労務士(愛知県社会保険労務士会常任理事))「公契約条例における労働条件確保措置の比較考察」

問い合わせ先:渡邊幸良(同朋大学)yukiyosi@doho.ac.jp

なお、事前申し込みは不要です。直接会場へお越しください。

※終了後、会場周辺で懇親会を開催する予定です。
追伸 同日・同会場 午前11:00~13:00 非定型労働部会&ジェンダー部会例会

水野有香氏(名古屋経済大学)「派遣労働者と出産・育児」

伊藤ゆかり氏(大阪大学)「妊娠・出産の高年齢化と仕事の継続」

田中洋子氏(筑波大学)「出産による就業継続ー断絶をめぐる日独比較」

 

■関西部会

 

日 時:2018年12月1日(土) 9時30分~16時30分(受付9時00~)

場 所:キャンパスプラザ京都 6階 第1講習室

(京都駅烏丸口より西へ徒歩5分)

アクセス

 

午前の部(9時30分~11時30分)

 自由論題

1.内田雄介(大阪市立大学大学院経済学研究科博士課程後期課程)

  「1980年代におけるアメリカ自動車産業の生産体制と作業組織の再編の動きについて」

2.楊 慧敏(同志社大学大学院社会学研究科社会福祉学専攻博士後期課程)

  「中国における介護保険の展開―サービス供給の構造に着目して」

 

午後の部(13時00~16時30分)

  共通論題 「外国人労働者の就労をめぐって」

  座長 久本憲夫(京都大学大学院経済学研究科)

 

1.守屋貴司(立命館大学経営学部) 

  「外国人労働者の就労問題とその解決策について」

2.志甫 啓(関西学院大学国際学部)  

  「関西における在留外国人の特徴について」

3.佐藤卓利(立命館大学経済学部)    

  「外国人労働者と日本社会の課題」                

討論 

 

 

問い合わせ先 〒525-8577 滋賀県草津市野路東1-1-1

       立命館大学経済学部 佐藤卓利

       ℡ 077-561-4831

              E-mail satoecon[at]ec.ritsumei.ac.jp

              (atを@に直してください)

 

■中四国部会

 

社会政策学会・中四国部会
日時: 2018年3月25日(日)14時から17時
場所: 高知県立大学永国寺キャンパス4階401号室
    ・交通アクセス:http://www.u-kochi.ac.jp/soshiki/1/access-eikokuji.html
    ・キャンパスマップ:https://www.u-kochi.ac.jp/uploaded/attachment/1424.pdf

報告
1.中川 香代(高知大学)「商工会議所の経営指導の政策的位置づけと人材育成」
2.遠山 真世(高知県立大学)「障害者の就労支援における現状と課題(2)―就労継続支援B型事業所のインタビュー調査から」
3.田中 きよむ(高知県立大学)「ホームレス、ひきこもり等の生活困窮者支援の先進的取り組み―大阪におけるNPO・企業・市民活動団体の場合」

なお、準備の都合上、ご出席の場合は下記までご連絡くださいますようお願い申し上げます。
連絡先:田中きよむ(高知県立大学)E-mail:kiyopy[at]cc.u-kochi.ac.jp([at]を@に変えて下さい)

 

■東海部会

 

社会政策学会・東海部会
日時: 2018年3月31日(土)13時30分から17時まで
場所: 同朋大学 知文会館:名古屋駅西口徒歩10分。
〒453-0014 愛知県名古屋市中村区則武2丁目18-11

報告
1.五十畑浩平(名城大学)「フランスにおける労働市場改革の動向」
2.渡邊幸良(同朋大学)「ミュルダールの(ネオ)制度派経済学」 

 

■九州部会

 

社会政策学会九州部会第103回研究会
日時:2018年10月27日(土)14時から17時30分
場所:九州産業大学経済学部中会議室(1号館9FのS棟)
    福岡市東区松香台2-3-1
アクセス:天神から都市高速経由のバスで九州産業大学南口にて下車
      JRの場合は九産大前駅(普通のみ停車)
 
報告
†久本貴志(福岡教育大学)「ニューヨーク市の就労支援:就労困難層への支援を中心に(仮)」
†石井まこと(大分大学)「地方圏における創業者の役割と課題―地方圏での創業者インタビューからみえてくること―(仮)」
 
参加希望の方は,資料準備の都合上,下記アドレスまでご一報ください。

問い合わせ先:久本貴志(福岡教育大学) hisamo(at)fukuoka-edu.ac.jp   (at)を半角の@に置き換えて送信下さい。

■中四国部会

 

社会政策学会・中四国部会

日時: 2017年3月10日(金)13:30~16:30

場所: 高知県立大学 永国寺キャンパス A(教育研究棟)419教室
 交通アクセス(http://www.u-kochi.ac.jp/soshiki/1/access-eikokuji.html
 キャンパスマップ(https://www.u-kochi.ac.jp/uploaded/attachment/1424.pdf

【報告】
1.田中きよむ(高知県立大学)
 「被災地域における地域共生拠点と地域づくり―東日本地域における取り組みを事例として―」

2.中川香代(高知大学)
  「英国におけるWLB―家族ケアと仕事の両立支援を中心に―」

3.遠山 真世(高知県立大学)
 「障害者の就労支援における現状と課題①―就労継続支援B型事業所のインタビュー調査から」

なお、準備の都合上、ご出席の場合は下記までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

連絡先:田中きよむ(高知県立大学)E-mail:kiyopy[at]cc.u-kochi.ac.jp([at]を@に変えて下さい)

 

■北海道部会

 

社会政策学会・北海道部会

日時: 2016年3月22日(火) 13:00~

場所: 北海学園大学 7号館1階 D101番教室

(報告者とテーマ)

1.キム・ナレ(北海学園大学大学院経済学研究科)

  「韓国における近代的社会政策の起源に関する一考察」

2.上原慎一(北海道大学)

   「労働組合の地方組織の形成過程と組織化-北海道の事例-」

 

■東海部会

 

社会政策学会・東海部会

日時: 2016年3月13日(日) 13:30~17:00

会場: 同朋大学知文会館(名古屋駅西口徒歩約10分)

    (住所:愛知県名古屋市中村区則武2丁目18−11)

講師: 熊沢 誠 「私の労働研究──初期・中期のテーマと問題意識」

問い合わせ先: 田村 豊(愛知東邦大学)

          tamura.yutaka [at] aichi-toho.ac.jp ([at]を@に変えてください)

なお、事前申込は不要です。直接会場にお越し下さい。

(会場では、熊沢先生の御著書『私の労働研究』(堀之内出版)(2000円)を 販売致します。)

 

■九州部会

 

社会政策学会・九州部会 第99回研究会

日時:2016年2月13日(土)13:30~17:30

会場:九州産業大学 1号館7階中会議室

 ・会場アクセス→ http://www.kyusan-u.ac.jp/guide/map/access.html
 ・学内マップ→ http://www.kyusan-u.ac.jp/guide/map/campus.html

プログラム:

 ・13:30-15:00
  久木元美琴(大分大学) 「大都市圏における保育サービス供給の地域差と多様な主体の役割」(仮)
 ・15:10-17:30 小特集「人口減少時代の地域雇用」
    萱沼美香(九州産業大学)「人口減少社会と高齢者就労」
    益村眞知子(九州産業大学)「人口減少社会と女性労働」

なお、事前申込みは不要です。直接会場にお越しください。

問い合わせ先:九州部会事務局 垣田裕介(大分大学)

Email:kakita[at]oita-u.ac.jp([at]を@に変えて下さい)

 

■関西部会

 

第80回社会政策学会関西部会

日時:  2017年12月2日(土) 10時30分~16時30分(受付10時00分~)

会場: キャンパスプラザ京都6階 第6講習室 (京都駅烏丸口より西へ徒歩5分)

      午前の部(10時30分から12時00分)

(1)仲修平(東京大学社会科学研究所・日本学術振興会特別研究員PD)

「地域就労事業の自治体間格差―2016年大阪府調査にもとづく基礎的検討」

      午後の部(13時00分から16時30分)   特集「生活困窮の諸相と社会政策」

あいさつ 佐藤卓利(立命館大学経済学部)  13時00分~13時05分

(1)小川英子(豊中市地域就労支援センター) 13時05分~13時50分

「生活困窮者の就労支援の現状と課題」

(2)志藤修史(大谷大学文学部)       13時50分~14時35分

「生活困窮社会における民間団体と住民の役割」

(3)吉永 純(花園大学社会福祉学部)    14時45分~15時30分

「生活困窮社会における行政の役割―生活困窮者の発見から支援まで」

討論 コーディネーター 佐藤卓利      15時30分~16時30分

問い合わせ先:立命館大学経済学部 佐藤卓利

電話 077-561-4831(研究室)

E-mail satoecon[at]ec.ritsumei.ac.jp ([at]を@に変えてください)

 

■中四国部会

 

社会政策学会・中四国部会 研究会

日時:    2015年9月13日(日)13:30~16:30(予定)

会場: 高知県立大学 永国寺キャンパス A(教育研究棟)403教室

 キャンパスマップ(https://www.u-kochi.ac.jp/uploaded/attachment/1424.pdf

 

第1報告 田中 きよむ(高知県立大学))
   「北欧型福祉システムとアジア型福祉システムの比較検討」

第2報告 中川 香代(高知大学))
   「多様な労働者活躍のための労働時間管理と作業管理-計画性と弾力性の考察」

第3報告 長澤 紀美子(高知県立大学)
   「ケアのアウトカム評価指標ASCOTの意義とその適用をめぐる課題」

 

なお、準備の都合上、ご出席の場合は下記までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

連絡先:田中裕美子(下関市立大学) tanaka[at]shimonoseki-cu.ac.jp ([at]を@に変えて下さい)

 

*研究会終了後、懇親会を予定しております。

 

■九州部会

 

社会政策学会・九州部会 第97回研究会

日時:2015年2月28日(土)14:00~17:30

会場:大分大学(旦野原キャンパス)経済学部棟第1会議室

※会場アクセス→ http://www.oita-u.ac.jp/category/access.html

○テーマ:生活困窮者と社会政策

第1報告:垣田裕介(大分大学)「生活困窮者支援からみた社会政策」<課題提起>

第2報告:廣野俊輔(大分大学)「生活困窮者支援から考える障害者支援制度の課題」

第3報告:志賀信夫(一橋大学大学院特別研究員)「生活困窮者支援と貧困理論の新地平」

なお、参加費は無料です。会場準備の都合上、ご出席の方は事前にご連絡ください。

問い合わせ先:垣田裕介(大分大学大学院福祉社会科学研究科)

Email:kakita[at]oita-u.ac.jp([at]を@に変えて下さい)