社会政策学会誌『社会政策』

重要なお知らせ

◆次回:第135回(2017年度秋季)大会
 会場:愛知学院大学(名城公園キャンパス)
 10/28(土): 自由論題・テーマ別分科会
 10/29(日): 共通論題

自由論題報告、テーマ別分科会報告の募集(2017.4.6)
大会開催予告(2017.4.6)
第135回大会プログラム(2017.9.5)

◆次々回:第136回(2018年度春季)大会
 会場:埼玉大学
 5/26(土): 
 5/27(日): 

社会政策学会誌『社会政策』

刊行の目的

 社会政策学会誌『社会政策』は、会員による研究の最前線を発信し、研究の不断の進展を図るとともに、実証的な実態分析と科学的な理論の構築を通じて、現代社会における社会政策の発展に資することを目的として刊行されています。

各号の目次 ※PDF利用について、ただいま、CiNIIからJ-stageへの移行を検討中です。

 

※ 雑誌の公刊2年後から、CiNii ArticlesによりPDFファイルが利用可能になります。Ciniiのご利用区分は、ご所属の機関やID取得の有無により異なりますが、定額機関にご所属であればPDFを無料で利用できます。Ciniiの利用区分の詳細は「CiNii Articles ヘルプ – ご利用区分について」を参照して下さい

※ PDFファイルが利用可能になる前であっても、Ciniiにおける文献情報の検索は可能です。ただし、Ciniiへの文献情報の搭載は雑誌の公刊からある程度の時間を要します。ご了承ください。

※ 視覚障害等を理由として学会誌のテキストデータをご希望の会員の方は出版社にお問合せください。