入会案内

重要なお知らせ

◆次回:第134回(2017年度春季)大会
 会場:明星大学
 6/3(土): 共通論題
 6/4(日): 自由論題・テーマ別分科会

自由論題報告、テーマ別分科会報告の募集(2016.12.3)
大会開催予告(2016.11.15)

◆次々回:第135回(2017年度秋季)大会
 会場:愛知学院大学
 10/28(土): 自由論題・テーマ別分科会
 10/29(日): 共通論題

入会案内

入会を希望される方へ

  •  入会申し込み資格は、社会政策の研究者であることです。
  •  入会を希望される方は、「社会政策学会会則」 PDFをご一読の上、入会申込書をこのページの下部にあるリンクからダウンロードして、A4判の用紙に印刷し、所要事項を記入した上で、会員2名の推薦を得て、学会事務局宛にお送りください。なお、周辺に社会政策学会員がいない場合は、研究業績などを添えて学会本部にご相談ください。
  •  常勤職に就いていない方は、「会費規定 第2条」 PDF「会費の割引に関する申し合わせ」 PDF(2012年2月11日幹事会了解事項)にもとづき、会費の割引を受けられることがあります。常勤職に就いていない方で会費の割引を希望する場合はこれらの規程をご一読の上で、入会申請書に合わせて、常勤職に就いていない会員の会費割引適用申請書(入会申請時)をこのページの下部にあるリンクからダウンロードし、必要事項を記入して提出してください。
  •  後日、電子メールにて申込み受理の連絡を差し上げます(入会申込書にはメールアドレスを必ず記してください。メールアドレスをご記入下さらない場合、入会申込み受理のご連絡や、入会後に会員に送られるメールでの重要なお知らせなどを差し上げられません)。2週間程度経過しても、学会事務局より電子メールによる申込み受理の連絡がない場合は学会事務局までお問い合わせください。
  •  なお、非会員でも大会への出席、傍聴は可能です(発表せず、聴講のみの場合でも、参加費をいただきます)。地方部会や研究分野別の部会は、各部会の規定により非会員の参加を認めている場合があります。

書式(ダウンロードしてご利用ください)

  •  社会政策学会入会申込書
  •  学会費の割引申請書
    常勤職に就いていない会員の会費割引の適用が必要な方はこちらも合わせて提出してください。なお、修士課程または博士課程の大学院生として学籍がある方は提出不要です。大学によって呼び方が変わりますが、研究生や研修員など大学院生以外の方は必要です。