本部・事務局から

SSSP Biannual Conferences History

 

2012年04月10日

Conference No. Date Avenue Theme
21 1960.4 Tokyo Keizai University The Labour Market
22 1960.10 Ritsumeikan University History of Labour Movement
23 1961.6 Meiji University Tecknological Innovation and Labour Problems
24 1961.11 Nagasaki University The Second Unions
25 1962.5 Keio University Labour Management(労務管理) and Social Policy
26 1962.11 Nagoya University Issues of Low Wages Workers
27 1963.5 Waseda University Working Hours
28 1963.11 Kobe University Economic Growth and Wage
29 1964.7 Hokkaido University Local Economy and Labour Problems
30 1964.11 Kwansei Gakuin University International Comparison of Social Policy
31 1965.5 Hosei University On Social Security
32 1965.11 Kansai University International Comparison of the Industrial Relations
33 1966.5 Japan College of Social Work The Characteristics of Industrial Rationalization at Present Stage
34 1966.10 Osaka University of Economics 20 Years of Labour Movement in Post-war Japan
35 1967.5 Tokyo Metropolitan University Labour Economy and Social Policy
36 1967.10 Kobe University of Commerce Class Structure and Labour Problem in Contemporary Japan
37 1968.5 Meiji Gakuin University Industrial Rationalization and Industrial accidents
38 1968.10 Ehime University The Labour Shortage
39 1969.5 Waseda University Change of Living Structure and the State of Workers
40 1969.11 Nihon Fukushi University Gaps between Ideas and Realities of Social Security
41 1970.12 Sophia University The Basic Features of Social Policy in Post-war Japan
42 1971.5 Kwansei Gakuin University State of Workers and Labour Movement in the 1970s
43 1971.11 Yahata University Urban Peoblems and Soical Policies
44 1972.6 Fukushima University The Youth Workers Problems in Contemporary Society
45 1972.11 Osaka University Issues of Contemporary Industrial Relations
46 1973.6 Hokkaido University Capital Export and Labour Problem
47 1973.11 Okayama University Welfare Situations of Workers
48 1974.5 Nihon Univeristy Problems of the Elderly and Aging Society
49 1974.10 Kagoshima University Japanese Labour and Farmers in the Changing Industrial Allocation
50 1975.6 The University of Tokyo The Research Methods on Labour Problem in Japan
51 1975.10 Ritsumeikan University Labour Problems in Regions and Local Government
52 1976.5-6 Yokohama National University Japanese Economy and Employment/Unemployment
53 1976.11 Doshisha University National Agenda of Japanese Labour Movement
54 1977.5 Nagoya University Post WWII Regime and Japanese Industrial Relations
55 1977.10 Kagawa University Welfare States and Social Policy
56 1978.6 Japan Women’s University Social Policy under Stagflation
57 1978.11 Osaka City University Social Policy in Aging Society
58 1979.6 Tokyo Keizai University Unstable Employment and Social Policy: Sub-contracting Workers, Part-time Workers, Daily Workers and Migrant Worker
59 1979.12 Kochi University Coming of Decentralization Era and Labour Problems
60 1980.5-6 Meiji University The Current Stage of Industrial Relations in Japan
61 1980.11 Osaka University of Economics Contemporary Welfare Policy and Labour Problems
62 1981.5 Chuo University The Wage Problems in Contemporary Japan
63 1981.11 Hiroshima University Emargence of Integrated Social Policy Agenda and Worker’s Welfare
64 1982.5 Chuogakuin University Industrial Rationalization in Contemporary Society(現代の合理化)
65 1982.11 Kyoto University Changing of Economic Structure and Its Impact on Workers and Administration
66 1983.5 Senshu University The Administrative and Financial Reforms
67 1983.10 Shiga University Internationalizing Labour Problems and Social Policy
68 1984.5 Aoyama Gakuin University The Current Stage of Labour Movement in the Developed Countries
69 1984.9 Hirosaki University Japanese Female Workers: Protection and Equality
70 1985.5 Tohoku University The High-techknowlege and Labour Problems
71 1985.10 Saga University The Crisis of Social Policy and the People’s Living
72 1986.5 Hosei University The Characteristics of Industrial Relations in Japan
73 1986.10 Kyoto Gakuen University Changing Industrial Society and Social Policy Study
74 1987.5 Hitotsubashi University Working Hours Issues in the Cotemporary Society
75 1987.10 Ehime University Contemporary Labour Problems and the Human Resourse Development
76 1988.5 Kokugakuin University Hollowing Out” of Japanese Industries and Employment
77 1988.10 Ritsumeikan University Labour Movement in Transition
78 1989.5 Waseda University Japanese Enteprises and Foreign Workers
79 1989.10 Kwansei Gakuin University Tracing the Post-war Social Policy Transformation
80 1990.5 Musashi University Present Stage of Social Security Reform
81 1990.10 Hokkaido University Methods of Social Science and Social Policy Study
82 1991.6 Komazawa University Human Resource Management in Contemporary Japan
83 1991.11 Shimonoseki University Social Policy Studies and the Logic of Livelihood
84 1992.5 Showa Women’s University Female Labour and Social Policy in Contemporary Sciety
85 1992.10 Kansai University Work and Life in Transition
86 1993.5 Takushoku University Problems of Foreign Workers in Japan
87 1993.11 Kumamoto Junior College(熊本短期大学) Japanese Style Companies  and Social Policy
88 1994.5 Saitama University The White Coller Workers in Contemporary Japan
89 1994.11 Bukkyo University The Current livelihood and the Social Seurity Reform
90 1995.5 Seijo University The Technological Choice and Society and Enterprise
91 1995.11 Kanazawa University Flexibility, Deregulation and Social Policy
92 1996.5 Nihon Univeristy, School of Commerce Social Securities in the 21st Century: Outlook upon the Half-century Practices  and Experiences
93 1996.10 Shizuoka University Contemporary Issues on Compensation
94 1997.5 Chiba University Work and Life in Asian Countries
95 1997.11 Doshisha University The Centennial Anniversary of the SSSP: Its Achievements and Perspectives
96 1998.6 Nihon University, School of Economics Casual Workers and Homelesses in  Japan
97 1998.10 Gifu  Economics University Social Policies in Aging Society
98 1999.5 Keio University States and municipalities in Social Policies
99 1999.10 Kagoshima University Transformation of Social Structure and Labour Problems
100 2000.5 Meiji University Self-choice and Cooperation: Review the  Labour and Welfare in the 20th Century
101 2000.10 Ritsumeikan University Perspectives of Welfare State
102 2001.5 Chuo University Social Change and Economic Disparity
103 2001.10 Tohoku Gakuin University, Tohoku University Globalization and the Challenges for Social Policy
104 2002.5 Japan Women’s University Transformation of Industrial  Relations: Diversifying Employment and Changing Working Hour Management
105 2002.10 Chukyo University Unemployment in Contemporary Japan
106 2003 .5 Hitotsubashi University Designing a New Social Policy
107 2003.10 Shimonoseki City University Wage Problems in the Social Policy Studies
108 2004.5 Hosei University The Youth: Prolonged Transition Period and Social Policy
109 2004.10 Osaka City University Low Fertility Societies, Family and Social Life
110 2005.5 Senshu University Structural Changes of Working Life Style and Social Policy
111 2005.10 Hokkaido University Welfare and Workfare in Social Policy
112 2006.6 Rikkyo University The Future of Inequalising or Stratifying Society
113 2006.10 Oita University Economic Development and Social Policy in East Asia: Differences and Similarities
114 2007.5 The University of Tokyo Social Policy for Childcare: Functions and Dysfunctions
115 2007.10 Ryukoku University Political Economy of Social Security Reform
116 2008.5 Kokugakuin University Channing Japanese Employment- Labor Policies
117 2008.10 Iwate University The Working Poor: Work, Life and Movement
118 2009.5 Nihon University The Change of Welfare Society and Trade Union
119 2009.10 Kinjo Gakuin University The Minimum Wage and Social Assistance
120 2010.6 Waseda University The Life Infrastructure in Local Communities and Social Policy
121 2010.10 Ehime University Evaluation of  Social Policy in Contemporary Japan and Choice for Future
122 2011.5 Meiji Gakuin University Changing Education and Career Development
123 2011.10 Kyoto University Social Policy for Health
124 2012.5 Komazawa University Earthquake, Fukushima Nuclear Plant Disaster and Local Sciety / Earthquake, Disaster and Social Policy

社会政策学会大会一覧

 

2012年04月02日

★第1回大会  1907年12月      (東京帝国大学)
   工場法

★第2回大会  1908年12月      (東京高等商業学校)
   社会政策より見たる関税問題

★第3回大会  1909年12月      (慶應義塾)
   移民問題

★第4回大会  1910年12月      (早稲田大学)
   市営事業

★第5回大会  1911年12月      (中央大学)
   労働保険

★第6回大会  1912年10月      (専修学校)
   生計費問題

★第7回大会  1913年11月      (明治大学)
   労働争議

★第8回大会  1914年11月      (東京帝国大学法科大学)
   小農保護問題

★第9回大会  1915年10月      (東京高等商業学校)
   社会政策より観たる税制問題

★第10回大会  1916年10月     (慶應義塾大学)
   官業および保護会社問題

★第11回大会  1917年12月     (専修大学)
   小工業問題

★第12回大会  1918年12月     (早稲田大学)
   婦人労働問題

★第13回大会  1919年12月     (中央大学)
   労働組合

★第14回大会  1920年12月     (商科大学)
   中間階級問題

★第15回大会  1921年12月     (東京帝国大学)
   賃銀制度並に純益分配制度

★第16回大会  1922年12月     (慶應義塾大学)
   我国に於ける小作問題

★第17回大会
   関東大震災の直後で、開催されなかった

★第18回大会  1924年12月     (大阪市実業会館)
   労働組合法問題


戦後社会政策学会大会一覧

★第1回大会  1950年7月      (慶応義塾大学・東京大学)
   共通論題なし
    近藤文二「社会保障について」
    氏原正治郎「戦後の労働組合」ほか

★第2回大会  1950年11月     (京都大学・同志社大学)
   共通論題なし
    住谷悦治「日本社会政策学会の成立」
    大河内一男「日本労働の封建性」ほか

★第3回大会  1951年6月      (中央大学・一橋大学)
   失業・労働時間・労働組合

★第4回大会  1951年11月     (立命館大学)
   共通論題なし(労働法学会との交流大会)
    沼田稲次郎「戦後日本の労働組合政策」
    西村豁通「戦後日本の労働運動史の分析」ほか

★第5回大会  1952年6月      (横浜市立大学・法政大学)
   共通論題なし
    有泉亨「労働法改正について」
    黒川俊雄「春期労働攻勢における賃金問題」ほか

★第6回大会  1952年10・11月  (大阪府労働会館・神戸大学)
   共通論題なし
    松尾均「失業保険をめぐる諸問題」
    坂寄俊雄「社会保険の発展と労働運動」ほか

★第7回大会  1953年6月      (早稲田大学・立教大学)
   日本の賃労働における封建性

★第8回大会  1953年10月     (東北大学)
   産業合理化と労働問題

★第9回大会  1954年7月      (北海道大学)
   過剰人口と労働問題

★第10回大会  1954年11月    (関西学院大学)
   労働組合の経営参加

★第11回大会  1955年5月     (明治大学)
   国民生活の窮乏化と社会政策

★第12回大会  1955年11月    (関西大学)
   わが国戦後10年の労働組合

★第13回大会  1956年4月     (日本大学)
   賃金

★第14回大会  1956年10月    (九州大学・西南学院大学)
   失業

★第15回大会  1957年4月     (東京都立大学)
   生産性向上と社会政策

★第16回大会  1957年11月    (大阪市立大学)
   退職金・年金

★第17回大会  1958年5月     (東京大学)
   社会政策の研究方法

★第18回大会  1958年10月・11月(同志社大学)
   中小企業の労働問題

★第19回大会  1959年5月     (専修大学)
   婦人労働

★第20回大会  1959年11月    (京都大学)
   賃金構造?

 


★第21回大会  1960年4月     (東京経済大学)
   労働市場

★第22回大会  1960年10月    (立命館大学)
   労働運動史

★第23回大会  1961年6月     (明治大学)
   技術革新と労働問題

★第24回大会  1961年11月    (長崎大学)
   第二組合

★第25回大会  1962年5月     (慶應義塾大学)
   労務管理と社会政策

★第26回大会  1962年11月    (名古屋大学)
   低所得労働者の諸問題

★第27回大会  1963年5月     (早稲田大学)
   労働時間

★第28回大会  1963年11月    (神戸大学)
   経済成長と賃金

★第29回大会  1964年7月     (北海道大学)
   地域経済と労働問題

★第30回大会  1964年11月    (関西学院大学)
   社会政策の国際比較

★第31回大会  1965年5月     (法政大学)
   社会保障論

★第32回大会  1965年11月    (関西大学)
   労使関係の国際比較

★第33回大会  1966年5月     (日本社会事業大学)
   現段階合理化の特質

★第34回大会  1966年10月    (大阪経済大学)
   わが国戦後20年の労働運動

★第35回大会  1967年5月     (東京都立大学)
   労働経済と社会政策

★第36回大会  1967年10月    (神戸商科大学)
   現代日本の階級構成と労働問題

★第37回大会  1968年5月     (明治学院大学)
   合理化と労働災害

★第38回大会  1968年10月    (愛媛大学)
   労働力不足

★第39回大会  1969年5月     (早稲田大学)
   生活構造変化と労働者状態

★第40回大会  1969年11月    (日本福祉大学)
   社会保障の構想と現実


★第41回大会  1970年12月    (上智大学)
   戦後日本社会政策の基本性格

★第42回大会  1971年5月     (関西学院大学)
   70年代の労働者状態と労働運動

★第43回大会  1971年11月    (八幡大学)
   都市問題と社会政策

★第44回大会  1972年6月     (福島大学)
   現代の青年労働者問題

★第45回大会  1972年11月    (大阪大学)
   現代労資関係の諸問題

★第46回大会  1973年6月     (北海道大学)
   資本輸出と労働問題

★第47回大会  1973年11月    (岡山大学)
   現代の労働者福祉

★第48回大会  1974年5月     (日本大学)
   高齢者問題

★第49回大会  1974年10月    (鹿児島大学)
   産業配置と労働者・農民問題

★第50回大会  1975年6月     (東京大学)
   日本における労働問題研究の方法

★第51回大会  1975年10月    (立命館大学)
   地方自治と労働問題

★第52回大会  1976年5月、6月  (横浜国立大学)
   日本経済と雇用・失業問題

★第53回大会  1976年11月    (同志社大学)
労働運動の国民的課題

★第54回大会  1977年5月     (名古屋大学)
戦後体制と労資関係

★第55回大会  1977年10月    (香川大学)
福祉国家体制と社会政策

★第56回大会  1978年6月     (日本女子大学)
「構造的危機」下の社会政策

★第57回大会  1978年11月    (大阪市立大学)
高齢化社会の社会政策

★第58回大会  1979年6月     (東京経済大学)
不安定就業と社会政策──社外工、パート・日雇い・出稼ぎ

★第59回大会  1979年12月    (高知大学)
   地方の時代」と労働問題?


★第60回大会  1980年5月、6月  (明治大学)
   日本における労使関係の現段階

★第61回大会  1980年11月    (大阪経済大学)
   現代の福祉政策と労働問題

★第62回大会  1981年5月     (中央大学)
   現代日本の賃金問題

★第63回大会  1981年11月    (広島大学)
   総合社会政策と労働福祉

★第64回大会  1982年5月     (中央学院大学)
   現代の合理化

★第65回大会  1982年11月    (京都大学)
   「構造変動」と労働者・労働行政

★第66回大会  1983年5月     (専修大学)
   行財政改革と労働問題

★第67回大会  1983年10月    (滋賀大学)
   国際化する労働問題と社会政策

★第68回大会  1984年5月     (青山学院大学)
   先進国における現段階の労働運動

★第69回大会  1984年9月     (弘前大学)
   婦人労働における保護と平等

★第70回大会  1985年5月     (東北大学)
   先端技術と労働問題

★第71回大会  1985年10月    (佐賀大学)
   社会政策の危機と国民生活

★第72回大会  1986年5月     (法政大学)
   日本の労使関係の特質

★第73回大会  1986年10月    (京都学園大学)
   変貌する産業社会と社会政策学

★第74回大会  1987年5月     (一橋大学)
   現代の労働時間問題

★第75回大会  1987年10月    (愛媛大学)
   現代労働問題と「人づくり」

★第76回大会  1988年5月     (國學院大學)
   「産業空洞化」と雇用問題

★第77回大会  1988年10月    (立命館大学)
   転換期に立つ労働運動

★第78回大会  1989年5月     (早稲田大学)
   日本の企業と外国人労働者

★第79回大会  1989年10月    (関西学院大学)
   戦後社会政策の軌跡

 


★第80回大会  1990年5月     (武蔵大学)
   社会保障改革の現局面

★第81回大会  1990年10月    (北海道大学)
   社会科学の諸方法と社会政策研究

★第82回大会  1991年6月     (駒澤大学)
   現代日本の労務管理

★第83回大会  1991年11月    (下関大学)
   社会政策学と生活の論理

★第84回大会  1992年5月     (昭和女子大学)
   現代の女性労働と社会政策

★第85回大会  1992年10月    (関西大学)
   変化のなかの労働と生活

★第86回大会  1993年5月     (拓殖大学)
   日本における外国人労働者問題

★第87回大会  1993年11月    (熊本短期大学)
   日本型企業社会と社会政策

★第88回大会  1994年5月     (埼玉大学)
   現代日本のホワイトカラー

★第89回大会  1994年11月    (佛教大学)
   今日の生活と社会保障改革

★第90回大会  1995年5月     (成城大学)
   技術選択と社会・企業

★第91回大会  1995年11月    (金沢大学)
   弾力化・規制緩和と社会政策

★第92回大会  1996年5月     (日本大学商学部)
   21世紀の社会保障──戦後50年の総括と展望

★第93回大会  1996年10月    (静岡大学)
   今日の賃金問題

★第94回大会  1997年5月     (千葉大学)
   アジアの労働と生活

★第95回大会  1997年11月    (同志社大学)
   社会政策学会100年──100年の歩みと来世紀にむかって

★第96回大会  1998年6月     (日本大学経済学部)
   現代日本の日雇い労働者とホームレス

★第97回大会  1998年10月    (岐阜経済大学)
   高齢社会と社会政策

★第98回大会   1999年5月     (慶應義塾大学)
   社会政策における国家と地域

★第99回大会   1999年10月     (鹿児島大学)
   社会構造の変動と労働問題


★第100回大会   2000年 5月     (明治大学)
   自己選択と共同性──20世紀の労働と福祉を振り返って

★第101回大会   2000年10月     (立命館大学)
   「福祉国家」の射程

★第102回大会   2001年 5月     (中央大学)
   社会変動と経済格差

★第103回大会   2001年10月     (東北学院大学、東北大学)
   グローバリゼーションと社会政策の課題

★第104回大会   2002年 5月      (日本女子大学)
   雇用関係の変貌──雇用形態の多様化と時間管理の変化

★第105回大会   2002年10月     (中京大学)
   現代日本の失業

★第106回大会   2003年 5月      (一橋大学)
   新しい社会政策の構想

★第107回大会   2003年10月     (下関市立大学)
   社会政策学と賃金問題

★第108回大会   2004年 5月     (法政大学)
   若者──長期化する移行期と社会政策

★第109回大会   2004年10月     (大阪市立大学)
   少子化・家族・社会生活

★第110回大会   2005年 5月     (専修大学)
   労働・生活時間の構造変化から見る社会政策──仕事と生活のバランスをめぐって

★第111回大会   2005年10月     (北海道大学)
   社会政策における福祉と就労

★第112回大会   2006年6月     (立教大学)
   「格差社会」のゆくえ

★第113回大会   2006年10月     (大分大学)
   東アジアの経済発展と社会政策──差異と共通性

★第114回大会   2007年 5月     (東京大学)
   子育てをめぐる社会政策──その機能と逆機能

★第115回大会   2007年10月     (龍谷大学)
   社会保障改革の政治経済学

★第116回大会   2008年5月     (國學院大学)
   雇用・労働政策の変容

★第117回大会   2008年10月     (岩手大学)
   ワーキングプア──労働・生活・運動    

★第118回大会   2009年5月     (日本大学)
   福祉社会の変貌と労働組合

★第119回大会   2009年10月     (金城学院大学)
   最低賃金制度と生活保護制度


★第120回大会   2010年6月     (早稲田大学)
   地域の生活基盤と社会政策

★第121回大会   2010年10月     (愛媛大学)
   現代日本の社会政策の評価と将来選択

★第122回大会   2011年5月     (明治学院大学)
   変化する教育訓練とキャリア形成

★第123回大会   2011年10月     (京都大学)
   健康のための社会政策

★第124回大会   2012年5月     (駒沢大学)
   1.福島原発震災と地域社会
   2.震災・災害と社会政策

★第125回大会   2012年10月     (長野大学)
   「新しい公共」と社会政策

★第126回大会   2013年5月     (青山学院大学)
   ジェンダー平等と社会政策

★第127回大会   2013年10月     (大阪経済大学)
   居住保障と社会政策

★第128回大会   2014年5月     (中央大学)
   社会改革思想と現代―社会政策の思想的基盤を問う