本部・事務局から

エスパネットに奮って参加・報告を!-参加費助成制度を新設します

 

2014年2月4日

 本学会は、ヨーロッパ社会政策分析ネットワークと交流を進めることになりました。会員の皆さんの積極的な参加を期待いたします。学会は皆さんの参加を支援するために参加費助成制度を設けます。参加費は昨年の例ですと3万5千円程度になります。

 今年の報告申込期限は3月12日と日程に余裕がございませんので、ご注意願います。
 なお、報告されない方には助成できませんが、大会に参加することは可能です。
今年の大会は9月4日~6日に、ノルウェーのオスロで開催されます。

エスパネットHP http://www.espanet.org/
オスロ大会HP http://nova.07.no/id/24834

エスパネット報告者参加費助成制度

第1条 会員がヨーロッパ社会政策分析ネットワーク(The Network for European Social Policy Analysis:略称ESPAnet)(以下エスパネット)で報告することを奨励するために、参加費助成制度を設ける。

第2条 資格
1.エスパネット年次大会で報告した者。
注:報告しなかった場合は助成金は支払われない。
2.前年度学会会費を納入済みであること。

第3条 助成対象と定員
1.エスパネット大会参加費の全額とする。(渡航費、宿泊費は対象外)
2.定員は3名程度とする。複数で共同報告の場合は代表1名に助成する。

第4条 手続き
1.申請期間は、参加申込受付開始から1ヶ月間とする。(例:2014年の場合、参加登録受付(registration)開始は4月11日であるので、締切は5月10日)
2.申請方法 申請する者は、国際交流委員長に電子メールにて申請する。添付書類は、エスパネット大会事務局から送付される報告承認(information of successful applicants)メール、報告のテーマ(英文)、報告アブストラクト、参加登録を証明するもの(メール、参加者用ホームページのコピーなど)。
3.審査・決定 国際交流委員会にて申請を審査・決定する。
4.(報告確認)大会に参加したことを確認できる書類・写真を国際交流委員長に提出する。(例:大会会場で配布されるプログラムの報告者名が記された箇所の写真など)
5.国際交流委員長は写真を確認し、参加費振込の手続を行う。

第5条 制度の実施状況については、幹事会で報告する他、ニューズレターその他の方法で会員に周知する。

※参考 2014年のエスパネット大会申請スケジュール(と申請に必要なもの)
2014年3月12日 報告申込み・報告要旨提出締切
4月9日 報告承認通知 (→通知メールのコピーを下記の参加登録の確認メールとともに提出)
4月11日 参加登録受付開始 (→参加登録の確認メールまたは画面の映像を提出)
5月10日助成制度申請締切
8月4日 報告フルペーパー提出締切
(8月上旬? 参加登録締切)
9月4日~6日 大会
大会終了後(→プログラムの自分の名前の部分の写真を提出)
プログラム写真を確認後、助成金振込